二級ボイラー技士 試験問題!! 過去問と解答  平成24年上期 問31~問40(関係法令)


二級ボイラー技士 試験問題!!過去問 解答


平成24年上期 問31~問40(関係法令)

の過去問と解答 です。

 

問31 ボイラー技士免許を受けた者でなければ取り扱うことができないボイラーは、法令上、次のうちどれか。

  1. 伝熱面積が15㎡の温水ボイラー
  2. 胴の内径が750mmで、その長さが1300mmの蒸気ボイラー
  3. 伝熱面積が30㎡の気水分離器を有しない貫流ボイラー
  4. 伝熱面積が3㎡の蒸気ボイラー
  5. 最大電力設備容量が60kWの電気ボイラー
→答はこちらをクリック

 

問32 ボイラーを設置している者が、ボイラー検査証の再交付を所轄労働基準監督署長から受けなければならない場合は、法令上、次のうちどれか。

  1. ボイラー取扱作業主任者を変更したとき
  2. 変更検査を申請し、変更検査に合格したとき
  3. ボイラー検査証を損傷したとき
  4. ボイラーを設置する事業者に変更があったとき
  5. ボイラーの設置場所を移設したとき
→答はこちらをクリック

 

問33 ボイラー(小型ボイラーを除く。)の次の部分又は設備を変更しようとするとき、ボイラー変更届を所轄労働基準監督署長に提出する必要がないものは、法令上、次のうちどれか。

  1. 給水装置
  2. 過熱器
  3. 節炭器
  4. 燃焼装置
  5. 据付基礎
→答はこちらをクリック

 

問34 次の文中の( )内に入れるA、B及びCの語句の組合せとして、法令上、正しいものは(1)~(5)のうちどれか。

「ボイラー検査証の有効期間の更新を受けようとする者は、当該検査証に係るボイラー並びにボイラー室、ボイラー及びその(A)の配置状況、ボイラーの据付基礎並びに燃焼室及び(B)の構造について(C)検査を受けなければならない。」

。。。A 。。。      B       C

(1)配管        煙道       性能

(2)配管        通風装置     使用

(3)自動制御装置    通風装置     性能

(4)自動制御装置    煙突       使用

(5)附属品       煙道       使用

→答はこちらをクリック

 

問35 次の文中の( )内に入れるA及びBの語句の組合せとして、法令上、正しいものは(1)~(5)のうちどれか。

「蒸気ボイラーの(A)は、ガラス水面計又はこれに接近した位置に、(B)と比較することができるように表示しなければならない。」

。。。。A         B

(1)標準水位      常用水位

(2)常用水位      現在水位

(3)標準水位      最低水位

(4)最低水位      最高水位

(5)現在水位      標準水位

→答はこちらをクリック

 

問36 ボイラーの使用再開検査を受けなければならない場合は、法令上、次のうちどれか。

  1. ボイラーを輸入したとき
  2. 使用検査を受けた後、1年以上設置されなかったボイラーを設置しようとするとき
  3. ボイラー検査証の有効期間を超えて使用を休止していたボイラーを、再び使用しようとするとき
  4. 使用を廃止したボイラーを再び設置し、又は使用しようとするとき
  5. 構造検査を受けた後、1年以上設置されなかったボイラーを設置しようとするとき
→答はこちらをクリック

 

問37 ボイラーの伝熱面積に算入しない部分は、法令上、次のうちどれか。

  1. 管寄せ
  2. 煙管
  3. 水管
  4. 炉筒
  5. 蒸気ドラム
→答はこちらをクリック

 

問38 ボイラーの定期自主検査における項目と点検事項との組合せとして、法令上、誤っているものは(1)~(5)のうちどれか。

。。。。。項目       点検事項

(1)燃料送給装置    損傷の有無

(2)バーナタイル    汚れ又は損傷の有無

(3)火炎検出装置    機能の異常の有無

(4)空気予熱器     通風圧の異常の有無

(5)給水装置      損傷の有無及び作動の状態

→答はこちらをクリック

 

問39 ボイラー取扱作業主任者の職務として、法令上、定められていない事項は次のうちどれか。

  1. 圧力、水位及び燃焼状態を監視すること。
  2. 低水位燃焼しゃ断装置、火炎検出装置その他の自動制御装置を点検し、及び調整すること。
  3. 適宜、吹出しを行い、ボイラー水の濃縮を防ぐこと。
  4. 1日に1回以上水処理装置の機能を点検すること。
  5. 排出されるばい煙の測定濃度及びボイラー取扱い中における異常の有無を記録すること。
→答はこちらをクリック

 

問40 次の文中の( )内に入れるA及びBの数値の組合わせてとして、法令上、正しいものは(1)~(5)のうちどれか。

「鋳鉄製温水ボイラーで圧力が(A)MPaを超えるものには、温水温度が(B)℃を超えないように温水温度自動制御装置を設けなければならない。」

。。。。A       B

(1)0.1     100

(2)0.1     120

(3)0.3     100

(4)0.3     120

(5)0.4     100

(終 り)

→答はこちらをクリック

二級ボイラー技士の過去問はダウンロードも出来ますのでプリントして勉強するのも非常にオススメです。

(→二級ボイラー技士 過去問と解答  まとめページに行ってみる)

後、マークシート答案用紙もあります。

→未経験から始める4点セットの資格取得!!二級ボイラー技士-⑤勉強に役立つマークシート用紙!!のページを見てみる

過去問だけでもある程度は大丈夫かもしれません。が、確実に合格するには参考書や問題集の解説による理解が必要です!!

→おすすめの参考書の紹介をしています!!「未経験から始める4点セットの資格取得!!二級ボイラー技士-③試験に向けて」のページを見てみる

なお、勉強方法に関してはこちらのページをどうぞ!!

→未経験から始める4点セットの資格取得!!二級ボイラー技士-④蛍光マーカー勉強法!!を見てみる