二級ボイラー技士 試験問題!! 過去問と解答、解説  平成29年下期 問11~問20(ボイラーの取扱いに関する知識)


二級ボイラー技士 試験問題!!過去問 解答と解説


平成29年下期 問11~問20(ボイラーの取扱いに関する知識)

の過去問と解答、解説 です。

問11 油だきボイラーの点火時に逆火が発生する原因となる場合として、誤っているものは次のうちどれか。

  1. 煙道ダンパの開度が不足しているとき。
  2. 点火の際に着火遅れが生じたとき。
  3. 点火用バーナの燃料の圧力が低下しているとき。
  4. 燃料より先に空気を供給したとき。
  5. 複数のバーナを有するボイラーで、燃焼中のバーナの火炎を利用して、次のバーナに点火したとき。
→答はこちらをクリック

 

問12 ボイラーのばね安全弁に蒸気漏れが生じる原因となる事項として、誤っているものは次のうちどれか。

  1. 弁体と弁座の間に、ごみなどの異物が付着している。
  2. 弁体と弁座のすり合わせが悪くなっている。
  3. 弁体と弁座の中心がずれて、当たり面の接触圧力が不均一になっている。
  4. ばねが腐食して、弁体を押し下げる力が弱くなっている。
  5. 蒸気による熱膨張などにより、弁体円筒部と弁体ガイド部が密着している。
→答はこちらをクリック

 

問13 ボイラーの水面測定装置の取扱いについて、誤っているものは次のうちどれか。

  1. 運転開始時の水面計の機能試験は、点火前に残圧がない場合は、たき始めて蒸気圧力が上がり始めたときに行う。
  2. 水面計のコックを開くときは、ハンドルを管軸に対し直角方向にする。
  3. 水柱管の連絡管の途中にある止め弁は、誤操作を防ぐため全開にして、ハンドルを取り外しておく。
  4. 水柱管の水側連絡管は、水柱管に向かって下がり勾配となる配管にする。
  5. 水側連絡管のスラッジを排出するため、水柱管下部の吹出し管により毎日1回吹出しを行う。
→答はこちらをクリック

 

問14 油だきボイラーが運転中に突然消火する原因となる事項として、誤っているものは次のうちどれか。

  1. 噴霧空気の圧力が強すぎる。
  2. 油ろ過器が詰まっている。
  3. 燃料油に水分が多く含まれている。
  4. 炉内温度が高すぎる。
  5. 燃料油の温度が低すぎる。
→答はこちらをクリック

 

問15 ボイラーにキャリオーバが発生する原因となる事項として、誤っているものは次のうちどれか。

  1. 高水位である。
  2. 蒸気負荷が過大である。
  3. 主蒸気弁を急開する。
  4. ボイラー水に油脂分、有機物などが含まれている。
  5. ボイラー水の純度が高くなっている。
→答はこちらをクリック

 

問16 ボイラー水の間欠吹出しについて、誤っているものは次のうちどれか。

  1. 鋳鉄製蒸気ボイラーの吹出しは、燃焼をしばらく停止してボイラー水の一部を入れ替えるときに行う。
  2. 給湯用温水ボイラーの吹出しは、酸化鉄、スラッジなどの沈殿を考慮して、ボイラー休止中に適宜行う。
  3. 水冷壁の吹出しは、スラッジなどの沈殿を考慮して、運転中に適宜行う。
  4. 1人で2基以上のボイラーの吹出しを同時に行ってはならない。
  5. 直列に設けられている2個の吹出し弁を閉じるときは、漸開弁を先に閉じ、次に急開弁を閉じる。
→答はこちらをクリック

 

問17 ボイラーの酸洗浄について、誤っているものは次のうちどれか。

  1. 酸洗浄の使用薬品には、水酸化ナトリウムが多く用いられる。
  2. 酸洗浄は、酸によるボイラーの腐食を防止するため抑制剤(インヒビタ)を添加して行う。
  3. 薬液で洗浄した後は、水洗いしてから中和防錆処理を行う。
  4. シリカ分の多い硬質スケールを酸洗浄するときは、所要の薬液で前処理を行い、スケールを膨潤させる。
  5. 酸洗浄作業中は、水素が発生するのでボイラー周辺を火気厳禁にする。
→答はこちらをクリック

 

問18 ボイラーの燃焼安全装置の燃料油用遮断弁(直動式電磁弁)の遮断機構の故障の原因となる事項として、誤っているものは次のうちどれか。

  1. 電磁コイルの絶縁性能が低下している。
  2. ダイヤフラムが損傷している。
  3. 弁棒が曲がっている。
  4. 燃料中の異物が弁へかみ込んでいる。
  5. 弁座が変形したり損傷したりしている。
→答はこちらをクリック

 

問19 単純軟化法によるボイラー補給水の軟化装置について、誤っているものは次のうちどれか。

  1. 軟化装置は、補給水を強酸性陽イオン交換樹脂を充填したNa塔を通過させるものである。
  2. 軟化装置は、水中のカルシウム及びマグネシウムを除去することができる。
  3. 軟化装置による処理水の残留硬度は、貫流点を超えると著しく増加してくる。
  4. 軟化装置による処理水の残留硬度が貫流点に達したら、通水を始め再生操作を行う。
  5. 軟化装置の強酸性陽イオン交換樹脂の交換能力が低下した場合は、一般に食塩水で再生を行う。
→答はこちらをクリック

 

問20 ボイラーの清缶剤のうち、りん酸ナトリウムを用いる主な目的は、次のうちどれか。

  1. ボイラー内に生じた沈殿物の結晶の成長を防止する。
  2. ボイラー補給水中の懸濁物を溶解させる。
  3. ボイラー水中の硬度成分を不溶性の化合物(スラッジ)に変える。
  4. ボイラー水中の酸素を除去する。
  5. ボイラー水中のpHをアルカリ性に調整する。
→答はこちらをクリック

 

二級ボイラー技士の過去問はダウンロードも出来ますのでプリントして勉強するのも非常にオススメです。

(→二級ボイラー技士 過去問と解答  まとめページに行ってみる)

後、マークシート答案用紙もあります。

→未経験から始める4点セットの資格取得!!二級ボイラー技士-⑤勉強に役立つマークシート用紙!!のページを見てみる

過去問だけでもある程度は大丈夫かもしれません。が、確実に合格するには参考書や問題集の解説による理解が必要です!!

→おすすめの参考書の紹介をしています!!「未経験から始める4点セットの資格取得!!二級ボイラー技士-③試験に向けて」のページを見てみる

なお、勉強方法に関してはこちらのページをどうぞ!!

→未経験から始める4点セットの資格取得!!二級ボイラー技士-④蛍光マーカー勉強法!!を見てみる